メンズ

理学療法士になるには膨大な学費が必要|奨学金制度を使おう

男性

人の役に立つ職種

理学療法士は病気やけが、または高齢や障害などによって運動機能が低下した人の運動機能を回復させるプロです。理学療法士になるには、専門学校を卒業して受験資格を得なければなりません。夜間学部のある学校なら仕事をしながらでも資格取得が目指せます。

施術

働きながら勉強する

理学療法士の資格取得を目指して、働きながら学ぶ人もいます。その場合は夜間部を用意されている学校に通って、昼間は働いて夜に勉強するようにされている人が多いです。夜間部の場合でも学費は100万円以上するところが多いので、それだけの費用を用意する必要があります。

女の人

夜間部の専門学校に通う

理学療法士になるために、働いている人でも学ぶことができるように夜間部を設けている専門学校はいくつもあります。その学費を稼ぐために昼間働く人は多くいるのですが、その中には理学療法士関連の仕事でアルバイトをしながら、昼間でも学ぶ人もいます。

活躍の場は無限大

勉強道具

急激な高齢化に伴い、今の日本では健康福祉の充実が期待されています。高齢の方・病気事故などで日常生活の支障をきたした方の運動機能を回復させ、自立した生活を送れるようバックアップするのが「理学療法士」です。理学療法士はリハビリテーションの専門家。人間が生きていく上で必要な動作である歩く、立つといった基本動作を、歩行練習や運動療法により取り戻します。リハビリは簡単なものではありませんが、根気強く続ける事に意味があります。痛みも伴うリハビリは、患者さんにとっては辛いもの。理学療法士は物理的な指導だけでなく、患者さんの心も支えなければならない大変な仕事なのです。理学療法士は厚生労働大臣が認めた国家資格です。受験には四年制大学や短期大学・専門学校などの養成校で3年以上の勉強が必要となります。医療関係の道に進む際に心配なのが「学費」です。学費は大学か専門学校かなどで変わりますが、国立4年制大学で総額250万円程、私立4年制大学で500万円〜800万円程、私立の専門学校で350万円〜700万円程と、いずれにしても安い金額とは言えません。この他にも実技に必要な備品費用なども学費として掛かりますので、奨学金制度などを上手に利用して学費の節約を行いましょう。資格を取得すれば、その後の活躍の場は保障されているのも同然です。医療・介護の現場での活躍は勿論、「動作の専門家」としての知識を生かし、スポーツ医学の道に進む理学療法士も少なくありません。