勉強

理学療法士になるには膨大な学費が必要|奨学金制度を使おう

人の役に立つ職種

男性

理学療法とかかる費用

理学療法士とは、運動機能回復のスペシャリストです。理学療法とは、病気やけが、高齢や障害などによって運動機能が低下した人に運動、電気、光線、水など物理的な手段を使って、日常生活の動作を訓練し、運動機能を維持、回復を目的としたものです。 理学療法士になるためには、高校卒業後に指定された養成所を卒業することで受験資格を得ることができます。養成所にかかる学費は、進学する学校により異なりますが、私立系の専門学校や大学は高めになっていて、県立や公立の学校は比較的学費が抑えられます。 理学療法士の学校には3年生と4年生があります。3年生の方が1年分学費を安く抑えられますが、4年生の期間より短くなりますので、より詰め込んだ授業内容となってしまいます。ですが、その学校にもよりますが、サポート面が充実しているので、昼間はリハビリ助手のアルバイトを紹介してもらいながら、夜間部に通学することが出来る学校もあります。昼間は技術面を学びながら夜は知識を学ぶことができ、即戦力となり得ます。注意する点を挙げるなら、実習先の交通費、教科書代、器具などの道具代が学費に含まれている学校といない学校があるところです。資料請求や学校見学ではその点も調べてみることが重要です。 理学療法士を目指している人は、男性の方がやや多く、若い方が中心ですが、社会人もいるので年齢層が広いです。就職先にはやはり病院が多いです。リハビリをサポートした人たちが心身の回復していくのを身近に見ることができて、時には感謝の言葉をもらうことがで出来るので、とてもやりがいのある仕事です。